FC2ブログ
話題の電子タバコ・VAPE最新情報を最速で公開しています。
さーーー、

今年の夏は特に暑いゾーーー!

と言うわけで、

夏の暑さもピーク!

そしてー、

パワーVAPEもー、

ピーーーーーーーーーーーク!

本日、

紹介するVAPEはー、

SMOK社のー、

GX350 KIT ダーーーー!!!!

ウォーーーー!

いよいよ、

ここまで来ましたよー!

少し前に、

WISMEC社の

Reuleaux RX300を紹介しましたが、



今回は、

そのMAX300Wを超えてしまったのですよ。

それでは、

いったい、

どんなVAPEなんでしょうか。

さっそく、

詳細にいってみましょう。



GX350 KIT

USB アップグレードケーブル 1

GX350 本体 1

TFV8 Tank 1

V8-T8 Octuple Coil Head(0.15Ω) 1

V8-Q4 Quadruple Coil Head(0.15Ω) 1

価格 17000円



ウォーーーー!

カッコイイーーーー!

パワーVAPEは、

通常、ゴツイ感じの物が多いんですが、

シャープなデザインとオシャレなカラーで、

バッチリ、キマッテますねー。



まずはー、

バッテリーがー、

18650バッテリー4本使用タイプー!!!!



つぎにー、

いきますよー、

可変電力がー、

ナッ、ナント!

6W~350Wーーーー!!!

ナニーーー!

現在、

当ブログ紹介済VAPEの中で、

NO.1 出力です!



そしてー、

設定可能温度がー、

100-315℃(200-600℉)ーーー!



そしてー、

バッテリー上部にあるディスプレイでは、

電力値、電圧値、

アトマイザー抵抗値、バッテリー残量他、

そして、そして、温度が、

表示されます。

TC(Ni・Ti・SS・TCR)ーーー!!!

パワーボタンは、



ALIENやAL85などでお馴染みのグリップタイプー!



そしてー、

アトマイザー抵抗値範囲が、

0.06Ω~3.0Ω(TC mode)、

0.1Ω~3.0Ω(VW mode)と

なっています。

サブオーーーム!!!



そしてー、

アトマイザーが、

TFV8 Tank----!!!!

最近のSMOK社のKITは、

ほとんどTFV8 BABYでしたが、

今回、初めてKITとして、

TFV8が使用されています。

容量が、

5.5~6.0mlで、

0.15Ωの、

Octuple Coil Headと、

Quadruple Coil Headが付いています。

直径24.5mmの大口径・高出力対応アトマイザーです。

そしてモチロン、

リキッドは上から注入できる、

スライド式のー、

Top Filling ーーーー!!!!



交換用コイル、



バッテリーと充電器も各種販売されています。





最後にー、

USBケーブルからは、

ファームウェアの

アップグレードが可能---!



イヤーーー、

スゴイVAPE出してくれましたなー。

私は、

WISMEC社Reuleaux RX300の

MAX300Wが出た時、

もう、これ以上の出力は、

登場しないだろうと思っていたんですが、

さすがは、

パワーVAPEメーカーの

SMOK社さん、

出力NO.1の座は譲れません!



最近は、

非常にパワーVAPEの数が、

増えてきていますが、

一番、種類の多い

ミドルクラス(MAX40~85W)の出力があれば、

十分、爆煙を楽しめます。

そして、

パワークラス(100~200W)は、

ミドルクラスの煙量じゃ満足出来ないひと用、

超爆煙で18650バッテリーも2本以上使用します。

そして、

ハイパワークラス(200W~300W)は超超爆煙、

クラウドチェイサーやVAPEトリックを楽しむなら、

このぐらいあった方がいいかもしれません。

そして、

今回の

GX350 KIT(MAX350W)は、

これらの出力を全て超越した、

モンスタークラス!

そうです、

紛れもない、

モンスターVAPEなのであります!!!





それではー、

SMOK社の、

最高出力NO.1

最新パワーTC-VAPE

GX350 KIT



これが、現在のVAPEの頂点だ!



この夏、あなたは、



無敵になる!

スポンサーサイト

【2017/07/20 23:22】 | GX350 KIT
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック